花嫁さんに贈る人気の婚約指輪なび
HOME » 婚約指輪お悩み相談室 » 結婚指輪をなくさないために

結婚指輪をなくさないために

「結婚指輪を失くしてしまった!」というトラブルがあった時に、あなたはどうしますか?ここでは、そんなことにならないために、「失くさないためのコツ」を紹介します。

なぜ結婚指輪を失くしてしまうのか?

実は、「結婚指輪を失くしてしまった!」という話は結構多いんです。

その1番の理由は温泉や銭湯

温泉や銭湯に行ったときに、湯船から上がると、「左手に指輪がない!」と気付いて決死の大捜索。浴場中を探し回り、果ては、宿の方に協力を仰いでも結局見つからなかった、というケースが1番多いようでした。

2番目に多いのは以外にも家の中

普段、注意をしない家の中で失くすケースは非常に多く、

「洗面所で顔を洗うときに指輪を外していて、気付くとなかった」
「洗い物をしていて、外した指輪をオーブンレンジの上に置いていたら失くなっていた」
「掃除をしていていたら、いつの間にかはめていた指輪が失くなっていた」

など、さまざまな理由がありました。

ここで上の2つを見てみると、ある共通点があることがわかります。

それは、水まわり。結婚指輪にとって、水まわりは最大の危険地帯であることは間違いないようです

結婚指輪を失くさないためのアイデア

それでは、結婚指輪を失くさないためには、どんな工夫やアイデアが必要なのでしょうか?

  • 外さない
    シンプルですが、1番効果がある方法です。お風呂はもちろん、トイレ掃除など、「絶対に外さない!」という人は多いようです。
  • 首にかけておく
    指輪を紐や鎖などを通して、首からネックレスとしている人もいます。確かに失くしにくいように思いますが、ふとしたことで紐が切れたりする場合もあるので、頑丈なものを使うほうが良いでしょう。
  • 外すときの定位置を決める
    この方法を使えるのは自宅の中だけですが、洗面所や台所で失くす可能性をグンと減らすことができます。今では、リングホルダー付きの石鹸置きというのも売っているほどです。

失くしてしまったときのこと

これだけ気を付けていても、残念ながら結婚指輪を失くしてしまうことはあります。もしそんな場面になってしまった場合は、早めに購入したお店に問い合わせましょう。

お店によっては、同じデザインを選ぶことで、割引き価格で再購入することができるところもあります。

購入時に、そういったアフターサービスをしてくれるお店を選ぶことも、被害を最小限に抑える手段の1つです。

花嫁さんに贈る人気の婚約指輪なび