花嫁さんに贈る人気の婚約指輪なび
HOME » 婚約指輪お悩み相談室 » 婚約指輪にはどんな刻印を?

婚約指輪にはどんな刻印を?

ここでは、婚約指輪に刻みたいメッセージや文字の一例、そしてそのほかにもさまざまな工夫をこらした刻印の例をご紹介します。

刻印メッセージの例

  • その①
    基本は、半角英数字。最もスタンダードなのは、お互いの名前やイニシャル、日付を入れるものです。

「hanako to taro」「T 0214 H」「2014.02.14 TtoH」「Feb.17.2009 T&H」など

  • その②
    外国語でメッセージを入れるのも素敵です。

愛は永遠に…「Forever in love」「Pour Toujours(ラテン語)」
あなたのために…「Just for you」「Pour Vour(フランス語)」
いつも一緒に…「Always with you」「tous les deux(フランス語)」
共に歩もう…「NEW VOYAGE」「Je marche la vie ensemble(フランス語)」
すき…「I love you」「Je t'aime(フランス語)」

その他「All my love(私の大切なすべて)」「Grow Old with Me(私と共に歳を重ねよう)」といった普段は言えない言葉や、「NON REFUNDABLE (返品不可)」「UWAKI KINSHI (浮気禁止)」といったウィットの効いたものを入れるのもおもしろいですよ。

ちょっと変わった刻印の例

文字やメッセージ以外に、ちょっとユニークな刻印を入れるというのもありです。ただし、リングの太さなど、条件は限られてしまいますし、文字入れは無料サービスであっても、有料になる場合が殆どです。

  • その①
    家紋を刻む:両家の家紋を指輪全体に刻むことが可能です。リングそのものが独特のデザインになり、ユニークな婚約指輪ができますよ。
  • その②
    顔写真を刻む:ふたりの顔写真や、愛する彼の顔写真を刻印することもできます。
  • その③
    直筆のサインを刻む:アルファベットを刻むのではなく、直筆で書いた文字をデザインすることも可能です。心のこもった筆跡には人柄が表れ、オリジナリティも抜群です。
  • その④
    シークレットストーンを埋め込む:指輪の裏には、刻印の他にもさまざまな工夫が凝らせます。誕生石などのシークレットストーンを埋め込むのはロマンティックで素敵です。女性ご自身の誕生石でもいいですし、彼の誕生石を埋めるのもいいでしょう。

花嫁さんに贈る人気の婚約指輪なび