花嫁さんに贈る人気の婚約指輪なび
HOME » 婚約指輪お悩み相談室 » 婚約指輪にお返しは必要?

婚約指輪にお返しは必要?

「婚約指輪にはお返しが必要」という話を、聞いたことがありませんか?一方で、「お返しなんか、しなかったよ」という話も、聞きませんか?

では、どうして、人によって、言っていることが違うのでしょう?それには、カップルたちの、百人百様の結婚事情が、からんでいるようです。

婚約指輪のお返しって、そもそも何?

婚約指輪にお返しは必要?婚約指輪は、婚約記念品です。

婚約記念品とは、結納や、正式な結納のかわりに両家で食事会を開く、顔合わせのときなどに、取り交わす品物のことです。

結納や食事会の際、男性側は、嫁入りに必要な支度金として、「結納金」を、婚約記念品とともに、女性に贈ります

そして女性側は、結納金のお返しとして、その金額の何割かを、何らかのかたちで男性側に贈ります。これを「結納返し」といいます。ただ、最近は、結婚のスタイルが多様化していて、カップルによっても事情が異なります。特に、近年、結婚の儀式が簡略化されるようになってからは、結納金なし、結納返しなし、というケースも多いようです。

しかしながら、結納金はなくても、婚約指輪の購入金額の何割かでお返しの品を贈るというパターンも増えてきています。これが、いわゆる「婚約指輪のお返し」と呼ばれているものです。

指輪のお返しをしない場合、他にも色々なケースがあります。例えば、婚約指輪のお金を2人で出し合うかわりに、お返しはなし、ということもあります。また、彼が経済的に苦しいから、婚約指輪は彼女の貯金から買ったので、もちろんお返しはしなかった、という話も聞いたことがあります。

結局、指輪のお返しをするかどうかは、結納金の有無、儀式のスタイル、両家の事情などによって、かなり違ってきてしまうのです。お返しを検討するときは、もめ事にならないよう、カップルで充分話し合いましょう。

お返しをするなら、どんなものが良い?

では、結納返し、または、婚約指輪のお返しをするとしたら、どんなものがよいでしょうか。

一番多いのは、腕時計です。婚約指輪がブランド品の場合、同じブランドでそろえるのも良いでしょう。その他、スーツネクタイピン財布なども人気です。また、カメラやパソコンなど、古くなると使えなくなるものは、避けた方がいいと言われています。

相場は、「半返し」といって、結納金や婚約指輪の半額程度、平均すると10万~20万円です。

ただ、実際には、結納のしきたりも地方によって違いますし、婚約指輪のお返しの場合も、人それぞれです。婚約指輪を選ぶとき同様、予算や品物は、2人で話し合って決めると良いでしょう。

オススメの婚約指輪ショップをご紹介

花嫁さんに贈る人気の婚約指輪なび