花嫁さんに贈る人気の婚約指輪なび
HOME » 二人のための婚約指輪の探し方 » Very goodなダイヤモンドって?

Very goodなダイヤモンドって?

婚約指輪といえばダイヤモンド。このダイヤモンドに、等級付けがあることはご存知でしょうか?

4Cとは?ダイヤモンドの質を見極めよう!

ダイヤの価値は、「4C」で評価されます。

4Cとは、「4つのC」を意味し、カラット(Carat)カラー(Color)クラリティ(Clarity)カット(Cut)の、頭文字をとったものです。

カラット

カラットは、宝石の重さのことです。

「ct」などと表記され、1カラットは0.2gです。カラット数が大きいと、当然、宝石も大きくなります。

カラー

カラーとは、ダイヤモンドの色のことです。

ダイヤには、完全な無色から、黄みがかったものまであり、無色に近いダイヤほど、光をスムーズに透過させて美しく輝くため、価値があるとされています。

ダイヤモンド(Diamond)の頭文字をとって、「D」を最高ランクとしていて、アルファベットが下がるにつれ、黄みがかっていきます。Z以上に黄色いものは、ファンシーイエローと呼ばれます。

ちなみに、この基準は、ホワイトダイヤモンドのみに言えるもので、レッド、ピンク、ブルー、グリーンなど、ファンシーカラーダイアモンドには当てはまりません。

クラリティ

クラリティとは、ダイヤモンドの透明度のことです。

天然のダイヤのほとんどは、なにかしらの内包物があります。内包物の数や大きさ、色、場所などによって、クラリティが評価され、内包物が少ないほど希少価値は高く、グレードもあがります

カット

カットとは、宝石の全体的な形のバランスと、研磨仕上げの状態のことです。

ダイヤモンドは、理想的なバランスであるほど、通過した光が真上に跳ね返るので、より輝いて見え、価値も高くなります。

4Cにおけるカットでは、標準的なラウンドブリリアンカットの出来映えを、5段階で評価します。5段階中、上位3つは、エクセレント(Excellent)といい、理想的な輝きを放ちます。

その下が、ベリーグッド(Very Good)で、エクセレントよりは歪ませていますが、それでも充分な輝きと美しさがあります。エンゲージリングは、最低でも、Very Good以上が良いと言われています。

4Cは、カラットとカットを重視して

リングを選ぶとき、ダイヤの輝きにこだわるなら、カラーやクラリティより、カラットとカットを重視しましょう。

輝きはカットが一番重要ですし、小さい物より大きい物の方が、カットを充分に活かし、輝きを増すことができるのです。また、エンゲージリングは、大きめの方がフォーマルな装いに合うので、将来を考えると、カラット数の大きいものがおすすめです。

一方、カラーは、Dランクに近づくほど価値があり、値段も上がりますが、この違いは、専門家が理想的な環境の下で見て、初めてわかる程度です。また、色には好みもあります。

クラリティも同じで、内包物が少なく、透明度が高いほど価値があり、値段も上がります。しかし、実際には、10倍の拡大鏡で見た基準が中心で、見た目ではほぼ気になりません。

花嫁さんに贈る人気の婚約指輪なび