花嫁さんに贈る人気の婚約指輪なび
HOME » 二人のための婚約指輪の探し方 » 既製品かオーダーか

既製品かオーダーか

婚約指輪の買い方について説明します。フルオーダーとセミオーダーの違い、オーダーメイドと既製品の違いは?

婚約指輪、オーダーの仕方は4通り

婚約指輪の買い方には、大きく分けて4つの種類があり、どのタイプにするかで、スケジュールや予算が変わってきます。

よくよく考えて、自分たちに合ったスタイルを選びましょう。

フルオーダー

フルオーダーとは、最初からすべて、自分の好みに合わせて作るジュエリーのことです。
デザイン画から始まり、完成に至るまで、主にハンドメイドで進めていきますので、世界に一つだけのオリジナルリングがほしい方にオススメです。

フルオーダーの手順は結構大変です。まず、自分たちの好みや希望を伝え、それに沿ったリングのデザイン画を、専属のデザイナーに描いてもらいます。
次に、デザイン、見積り額などをチェックし、OKなら注文します。

好みに合った婚約指輪を選びましょう!

発注から1ヵ月ほど経って、最終仕上げの前に、途中経過を確認し、問題が見つかれば修正をしてもらいます。そして、そこから3週間後に完成となります。

よって、注文から受け取りまでに、少なくとも3~4回は、お店に足を運ぶことになります。また、型を一から作らなくてはならないため、費用がかかります。

セミオーダー

セミオーダーとは、指輪を購入する際に、宝石と枠を、別々に選んで組み合わせる方法です。

一般的なセミオーダーは、まず、4Cを参考に、センターのダイヤモンドを決めます。次に、選んだダイヤや指に合う、アームを選びます。
注文から完成までは、3~5週間かかります。

フルオーダーのように、型に金額をとられない分、宝石の大きさ、品質などにお金をかけることができます。また、オリジナリティーを追求する人にとっても、フルオーダーに比べて手軽なので、けっこう人気があるようです。

レディメード

レディメードとは、既製品のことです。

すでに商品として完成しているので、実物を見て購入できる安心感があります。また、在庫があれば、その場ですぐに持ち帰れます。

でも実際は、サイズ調整や、取り寄せが必要な場合がほとんどです。すでに指輪の型をショップが持っているので、注文から完成までは、1週間~10日ほどです。ただ、中には、1ヶ月くらいかかってしまうケースもありますので、余裕をみて、オーダーした方が良いでしょう。

リフォーム

リフォームとは、親から譲り受けたリングやダイヤモンドなど、既に持っているリングを違うデザインのものに作り替えることです。

作製工程やスケジュールは、フルオーダーの場合とほぼ同じです。

日本ではあまりなじみのない方法ですが、欧米では結構多いようです。

花嫁さんに贈る人気の婚約指輪なび